みなくさ社労士・FP事務所のブログをお読み頂き、ありがとうございます。

 

社労士業務の中に手続業務がありますが、私は時間的制約のない「電子申請」を行っています。

 

しかし申請をして不備があった時に、当日か翌日に返戻があればよいのですが、最長1ヶ月後にあったことがありました。

申請は大丈夫で業務が混んでいるだけだと勘違いし、直接電話で確認しないためこうなるのですが・・・

 

便利な反面、機械的に返戻されるドライな手続です。また、慣れないと返戻の嵐で、断念する同業の方を何人も見ています。

 

電子申請が浸透するためには、通常の手続に近い方法でできることが必要ではないかと思います。

 

 

関連する記事