みなくさ社労士・FP事務所のブログをお読み頂き、ありがとうございます。

 

私には、中学生の娘が2人いますが、以前PTAの講話が夜間あり、参加したことがあります。

 

校長先生はじめ、職員の先生方みなさん出席されておられました。

 

午後7時開始で、9時くらいまでの開催だったと記憶していますが、仕事がら「残業代は出ているのだろうか?」

 

などと思ったことがあります。

 

学校の先生は、夏休みや冬休み春休みまであって、うらやましいと思ったことは過去にありましたが、実はかなりの長時間労働をする職業ではないかと最近は思うようになりました。

 

しかしなぜ長時間になるのかですが、授業だけやって帰宅できるならよいのでしょうが、そんなことはなく、授業以外の業務が沢山あるのです。

 

その中の一つが、やはり会議でしょうか・・・

 

先日の新聞に掲載がありましたが、「学校でも働き方改革」、「会議の電子化・・・」いわゆる、グループウエアの導入の記事でした。

 

民間企業でもそうですが、会議を無くしたら残業は3割は減ると思います。特に、言った言わないを無くすためには、ちゃんと記事にして残すべきだと思います。

 

会議の改革、例として「電子化会議」は、今後推進したいですね(^^♪

 

 

関連する記事